良くあるご質問

 ISO14001はISO(国際標準化機構)によって発行された国際規格です。環境管理に関する世界共通のシステムとしての性格上、企業・組織の規模や成長・成熟の程度等に係わりなく規格の要求事項は一つしかありません。
 エコステージは、ISO14001の意図を踏まえつつ、従来の経営管理システムを基盤にして、そこに「環境」という視点を導入した「経営とリンクしたマネジメントシステム」です。
 さらにエコステージは、企業・組織の規模、保有する経営資産、成長・成熟の程度に相応しい「5段階のステージ」を設けており、自社の「身の丈に合った仕組み」を選択することができます。
 ちなみに、エコステージ「2」がISO14001と同等レベルとなり、ISOにはエコステージ3・4・5に相当する規格はありません。
 その他、下記の比較表もご覧ください。

エコステージ ISO14001
システム エコステージ評価機関による評価・支援、および第三者評価委員(NPO、学識経験者など)による評価
審査登録機関および認定機関(JABなど)による国際的に認められた審査登録制度
コンサルティング 支援と評価を通じて改善の方向性を示す
コンサルティング機関と審査登録機関の明快な分離
評価方法 適合性の確認+パフォーマンス評価(点数化)
システム適合性有効性の確認
評価項目 取り組みの選択(最低基準あり)自己の積み上げ方式
規定された項目の要求事項
ステージ レベルに合わせた5つのステージ
認証登録(ステージなし)
第三者評価委員会 第三者評価委員会が評価先に対して第三者意見書を発行
なし
 エコステージの導入をきっかけとし、マネジメントシステムを確立して継続的に効率よく運用することで経営力アップが図ることができます。  グリーン調達とアカウンタビリティ(説明責任)を推進するため、取引先を含めた環境経営を評価・支援します。形式よりも中身と効果に重点をおいた “エコステージ評価” を通じ、ステップbyステップで「システム」と「パフォーマンス」の継続的改善を支援します。 詳しくはエコステージの特徴をご覧ください。

認証取得件数としてはサービス業、製造業に多く、商社や自治体でも取得されています。エコステージは段階的な取り組みや、業種の組織の特性に合わせることの出来る、フレキシビリティを備えたシステムであり、どの業種にも向いています。導入事例をご覧ください。

まずは当評価機関にお問い合わせください。資料の送付、ご訪問してのご説明など、ご希望に合わせた対応をさせていただきます。

特別な事前準備は必要ありません。詳細は担当のエコステージ評価員が現地事前調査・研修の際に、お教えいたします。

 エコステージレベル、規模、貴社のマネジメントの状態によって異なります。例えば、エコステージ1の場合は、ISOと比較すると特に負荷は小さ、マネジメントシステム専任者等の必要はありません。初回評価まで、つまり、システムが運用されるまでは、多少の負荷がかかりますが、それ以降は、通常業務の一環として無駄のない取組みとなります。  ただし、拠点が複数存在する組織や、組織成員数が100名を超えるような組織では、たとえエコステージへの取り組みでも、マネジメントシステム専任者の設置をお勧めします。

 パソコンを操作できる方がいらっしゃれば大丈夫です。特にエコステージ1においては、エコステージの専任担当も必要ありません。ただし、会社業務に精通された方にシステム運用の管理をお願いすることになります。念のために申し添えますと、エコステージは「全員参加の改善活動」のようなものだとお考えください。